健康診断の尿検査

尿検査とは、
一般的な健康診断でも実施される検査項目で、
尿中に存在する細胞やたんぱく質、糖などにより
身体の健康状態を検査します。


主に、
腎臓系や尿路系の疾患を発見するのが目的ですが、
これらの結果から
糖に関する病気や肝臓病、膠原病や骨髄腫、
がんなどの発見につながることもあります。


尿検査は非常に一般的な検査項目の一つで、
定期健康診断(法定健康診断)や
学校での健康診断等でも利用されています。


患者にとって痛みがないのも特徴の一つで、
様々な病気やその兆候を知る事ができます。


尿検査では、
腎臓・尿路・前立腺に関する
様々な病気について知る事ができます。


また、
この他にも糖に関する病気や肝臓病を始めとした
様々な病気について診断をする事が可能となります。


尿検査では、
大きく、色や比重など尿をそのまま調べる尿検査法と
尿中の成分を調べる方法があります。


成分検査の場合、
pH、タンパク、糖、ウロビリノーゲン、
潜血、ケトン体、比重、亜硝酸塩などの
成分を検査します。


スポンサード リンク

健康診断の料金
健康診断の料金は高い
種類別の健康診断
健康診断と人間ドッグ
健康診断の尿検査
健康診断のX線検査とは
心電図検査とは
健康診断の注意点
健康診断の注意点
健康診断の施設選び
健康診断の結果
健康診断 検査結果の判定

スポンサード リンク

健康診断や人間ドッグを定期的に受けるようにしましょう。