健康診断 検査結果の判定

健康診断の検査の判定は、
「基準値」や問診などから、
「個人の基準値」を考慮して総合的に行われます。


一般的に、健康診断検査の判定は、
「異常なし」「わずかに異常あるが差し支えなし」
「経過観察」「再検査」「精密検査」「治療継続」
という表記になっています。


その他、血液検査や尿検査などは、
基準値というものが記載されています。


基準値とは、
過去・現在に病気のない、
健康な人の検査結果から求められます。


この集団の検査値の上下2.5%を除いた
95%内に含まれる検査結果の数値が
基準値とされます。


ですから、
人それぞれ個性があるように、
検査値にも個人差があります。


さらに、
季節やその日の体調、心の状態などによっても
違うことがあります。


1つのデーターの変化に一喜一憂するのではなく、
検査項目ごとの総合判定を確認しましょう。


各医療機関で受診した人の結果から、
基準値を設ける施設もあることや、
検査の測定法の違いにより、
基準値は、各医療機関ごとに若干の違いがあります。


現在は、日本人間ドック学会などで、
基準値の統一を図るために
全国データをもとに基準値が設定されており、
一部の医療機関では、
すでにその基準値を設定しています。


スポンサード リンク

健康診断の料金
健康診断の料金は高い
種類別の健康診断
健康診断と人間ドッグ
健康診断の尿検査
健康診断のX線検査とは
心電図検査とは
健康診断の注意点
健康診断の注意点
健康診断の施設選び
健康診断の結果
健康診断 検査結果の判定

スポンサード リンク

健康診断や人間ドッグを定期的に受けるようにしましょう。